vol.19「“好き”から始まる出逢い」


 キャトル・セゾンで働くようになってよかったと思うこと。それは、素敵なスタッフと出逢えたことです。皆もともと、キャトル・セゾンがすごく好きで入った人たちばかりですし、とにかく「よいお店にしていこう」という気持ちで、いつも力を合わせて仕事に取り組んでいます(イクスピアリに限らず、他のキャトル・セゾンのスタッフもきっと同じだと思いますが・・・)。
 興味のあるモノや価値観など、それぞれ細かい個人差はあるものの、共通することもたくさんあるので、お互いに情報交換できたり、いろいろと刺激しあえるところが魅力です。
 今でも強く心に残っているのは、アニバーサリーフェア用のノベルティグッズとしてコースターを皆で手作りしたり、フリーペーパーに掲載する企画を夜遅くまで残って考えたりしたこと。お客様の喜ぶ顔が見たいからこそ、最後まで頑張れた作業ですが、完成後、お客様から「ありがとう」という言葉が返ってきた時は本当に嬉しかったです。
 もちろん、仕事をしていく中でつらいこともありましたが、私がくじけずにここまで来れたのは、互いに協力し合い、支えてくれた仲間がいたおかげだと思うので、これからもここでの出逢いを大切にして、頑張っていきたいと思います。

(イクスピアリ・J.S)

バックナンバーprevnext
戻る